グローバルWiFi クーポンコードを受けとるには?

海外旅行に持って行きたい物

海外旅行に行く時の注意点のひとつが、現地の飲み物です。滞在中の食事がセットになったツアーでも、移動中やホテルでの飲み物は個人で購入することになります。ペットボトルや缶飲料を購入できるようになっていても、現地の言葉で書かれていると中身の判断ができない可能性があります。更に、国によっては緑茶やウーロン茶でも砂糖が入っていて、とても甘くなっていることもあります。そのため、滞在する国によっては、飲み物で苦労をすることは珍しくありません。

 

スティックタイプの緑茶やコーヒーなどを持参すれば、海外でも慣れ親しんだ飲み物を楽しむことができます。ただ、海外の場合、電気ポットを置いていないホテルというのも少なくありません。水でもお湯でも溶けるお茶やコーヒーもありますが、旅行先でも手軽に暖かい飲み物を楽しみたいのであれば、海外でも使えるタイプの電気ケトルを持参しておくと良いでしょう。旅行用の電気ケトルはコンパクトで邪魔にならない上、重さも軽く作られています。お湯を沸かすことができれば、お茶やコーヒーなどの飲み物は勿論、カップラーメンや味噌汁、スープなどを作ることもできます。そのため、旅行先のホテルにポットがあるかどうか分からないという場合は、電気ケトルをひとつ購入しておいて損はありません。

 

言葉が通じるのであれば、現地で必要な物を購入することは可能です。ただ、言葉が通じるか不安があるのであれば、飲み物などできる準備はしっかりとしておくことがおすすめです。

 

他界した祖母がよくバンクーバーに

自分の母方の祖母がよくバンクーバーに行ってました。もう他界してしばらくたちますが、バンクーバーには80歳過ぎてからも行ってました。もともと活動的な人だったこともあるので、頻繁にバンクーバーには行ってました。ではなぜバンクーバーに行っていたかというと、母方の弟私からするとおじさんにあたりますが、USHONDAというのは聞いた事あると思いますが、カナダにHONDAに勤めていた事もありそのままバンクーバーの国籍になっています。たまに日本に来て我が家も訪問しますが、昔の貨幣なんかももっていて店員さんが結構びっくりする事あります。未だに聖徳太子の一万円札を出すので、人によっては知らない人もいる訳です。

 

日本食ブームと現在言ってますが、実はバンクーバーの有名な料理って寿司なんですよ。空港にはもんじゃ焼き屋もありますし、もう三十年以上前から少なくともバンクーバーでは日本食は結構しられています。おじさんの奥さんも日本に数回訪れていますが、秩父うどんを作るんです。よくそれを近所の人にふるまっているようです。体がでかいので越しのある麺が茹でる事ができます。

 

カナダというと寒いのではと思われがちなんですが、ロッキーを超えると寒いのですが実はバンクーバーあたりは関東の気候とよく似ているのです。冬はそれなりに寒いそうですが、極寒でもありません。治安もいいですし、ただ余談ですが学校に銃を持ってくる子供はいるようです。銃は持てるという事ですね。

関連ページ

海外旅行でどんなことに気をつけると良いのかを紹介
グローバルWiFiを申し込む時に、クーポンコードの入力がありますが、どこで手に入れるのでしょうか。クーポンコードの入手方法について解説をします。
海外旅行先でクレジットカードのトラブル
グローバルWiFiを申し込む時に、クーポンコードの入力がありますが、どこで手に入れるのでしょうか。クーポンコードの入手方法について解説をします。
海外へ行くには「海外旅行保険」の加入をおススメ!
グローバルWiFiを申し込む時に、クーポンコードの入力がありますが、どこで手に入れるのでしょうか。クーポンコードの入手方法について解説をします。
私がお勧めする海外旅行はタイのプーケット島です!
グローバルWiFiを申し込む時に、クーポンコードの入力がありますが、どこで手に入れるのでしょうか。クーポンコードの入手方法について解説をします。
食べ物から身に着けるもの、とにかく何でも安くてお得
グローバルWiFiを申し込む時に、クーポンコードの入力がありますが、どこで手に入れるのでしょうか。クーポンコードの入手方法について解説をします。